月山登山ガイド

月山は八方七口と言われるように、7つの登山口があります。月山朝日ガイド協会では、バリエーションに富んだ月山登山のガイドコースをご用意しています。

姥沢口山頂往復ルート

標高1500m地点までリフトで上がれる、尾根歩きが気持ちのいい月山登山で一番ベーシックなコースです。

姥沢~弥陀ヶ原縦走ルート

月山を内陸側から日本海側に縦走する人気のルートです。車の回送が必要な方はご相談ください。

姥沢口~湯殿山ルート

姥沢口からリフトを使い月山山頂へ登り、帰りは湯殿山神社へ降りるルートです。車の回送が必要な方はご相談ください。

本道寺・岩根沢ルート

内陸側から登るロングルートです。森林限界を超えるまでは森の中を歩きます。昔の修験者が利用したルートで、現在でも大切に道が保存されています。

肘折〜姥沢ルート

月山登山で最も険しく長いルートです。肘折から歩き始め山頂小屋で1泊し、姥沢口まで下山します。車の回送が必要な方はご相談ください。

軽アイゼンのレンタル

7月下旬まで雪渓が残る月山では、軽アイゼンを装着した方が安全に登山ができます。初心者でも簡単に装着できる4本爪の軽アイゼンのレンタルをご利用ください。

月山登山マップ

ガイドレシオ

ガイドレシオとは、ガイド1名につき何名までゲストをお連れすることができるかの基準です。月山ガイド協会では安全のため下記ガイドレシオに従って必要ガイド数を定めています。
コースガイド : ゲスト人数
月山登山姥沢口コースガイド1名につきゲスト10名まで
月山登山姥沢口~弥陀ヶ原縦走ガイド1名につきゲスト8名まで
月山登山姥沢口〜山頂〜湯殿山神社ガイド1名につきゲスト8名まで
月山登山 肘折口~山頂~姥沢口ガイド1名につきゲスト6名まで

岩根沢・本道寺口~山頂~姥沢口

ガイド1名につきゲスト6名まで

※団体登山で添乗員がつく場合はこの限りではありませんのでご相談下さい。

お問い合わせ